職人の独り言

日々の作業や現場についての苦悩っぷりを・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は又、基礎屋・・・

 とは言っても、玄関と勝手口のポーチのコンクリートの打設ですが・・・
午前中に、電気温水器の基礎の型枠を組みまして
午後一で打設しました
作業はホボ順調に進みました
この現場が終了後は、他所の現場に出動です
以前施工した、基礎の現場の天端チェックと修正です
(近所だったんですが、二箇所でした・・)
低いところは塗り、高いところは削ります
高さをチェックして、レベルで覗いた数字が三つまでが、OKらしいです

 そこで、疑問が・・・・
コンクリートの基礎の上には、木造で家が出来る訳でして
木は、ヤハリ気温や湿度によって伸縮すると思います
でもって、一本一本その伸縮も違うと思うのですが・・・
で、何が言いたいかと言うと・・・・
ココまで、精度を求める必要があるのか???と言う事です
多分、どの業者もそこまでは必要ないのでは・・・??
なんて思いながら作業してるんだろうけど
あの業者では、こんなに精度が・・・なんて事になるので
何処の業者もココまでの精度が必要になってくるんでしょうね・・・
最古の木造建築にココまでの精度があったとは、思えないんですが・・・
8nra02.jpg
とは、思いつつ・・・・他社より精度を求めるのが“職人道”なんですが・・・辛い・・・

生コン...18-15-20-BB...1.75㎥
差筋アンカー...9本

スポンサーサイト

コメント

お天気が続いて現場がはかどりますね。
レベルですか・・・確かに精度が高い方がいいのでしょうがそこにばかり時間とれませんよね。
欠陥住宅等の問題が騒がれているので、ビー球が転がるような床じゃダメってことでの精度でしょうか?
木の反りなどは年輪の向きとかでも変わるとか・・・極めるとキリがないですね。
匠の技・・・小学校の修学旅行で正倉院をじっくり見ておけば良かったかな?

コメントありがとう

まあ、基礎で3ミリの精度なら
ビー球が転がるなんて事は、余程の事が無い限りありえませんよ・・・
でも、余程の事が有り得るのが世の中なんで・・・こればっかりは
俺も、ジックリ見とけば良かったなん思うものが、過去に一杯・・・
まさか、この仕事に就くなんて思っても居なかったんですから
いよいよ来週は、雨が降るらしいですよ・・・
いつも、コメントありがとうございます
元気が出ます!!!

  • 2006/11/02(木) 18:26:27 |
  • URL |
  • 苦悩職人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunousyokunin.blog42.fc2.com/tb.php/246-86d66390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。