職人の独り言

日々の作業や現場についての苦悩っぷりを・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時期の天気には

 マッタク、この時期の天気には鳴かされます
まあ、他所の作業が進んだんで良しとしますか・・・

 本日は午前中に大型門扉のキャスターの取替え及び調整・・・に行きました
扉同士をスライドする、ベアリングがモゲテ取れちゃってました・・・
何とか取り付ける方法は無いかと考えて見たんですが
パッと閃き!!!!何とか取り付けが出来ました
ヤハリ修繕の際にトラブルがあった際は、経験とヒラメキが助けてくれます
何とか思った様に修繕出来ました

 午後は本日生コン打設予定だった現場に出動です
なんと!!!型枠や高さの設定に変更があるようです・・・・・・
まあ、それはそれで仕方アリマセンが・・・実際は非常に困惑します
指針があって作業の段取りが進んで行く訳でして
それが、変更になるのはカナリキツイのが事実です
施主さんが出来上がりを想像出来ないのは、当然の事なんで
それを施主さんに上手く伝達して、出来上がりの姿と
施主さんが想像される出来上がりの差を詰めるのが“外溝工事”の打ち合わせだと
「苦悩職人」は考えます・・・・・
それは、あくまで作業する我々の作業ではなくて
元請けの番頭さんの仕事だと理解する訳です・・・・
その為の、元請け・・・その為の、フロントマンではないかと・・・・
深く感じる訳です
で、作業が終わった際には「もう少し安価に・・・」なんて話になったら
正直・・・・「エッ???」てな感じになるのは紛れもナイ本心なんです・・・ガッ・・・・
でも、まあ一応“関西文化圏”なんで「(価格的に)何とかなりませんか??」
は挨拶みたいなものだと思っているのも、何気に本心だったりもするんですよね・・・
まあ、今後もお付き合いしていきたいと願っている“元請けサン”なんで
仲良く行きたいんですが・・・・作業の段取りの事にになると・・・
仕方がありません
まあ、お互い気になった事は言うのが良いと思うんですが・・・
なんせ、立場が“下請け”なもんで過ぎるのは良くないのかも、知れませんね






スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。