職人の独り言

日々の作業や現場についての苦悩っぷりを・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇り高き!!!

 今日は、又一段落進みました
アプローチ部分の敷きレンガが完成です
(若干、ダメが残っていますが・・・)
順を追って行きましょう
先ず、砂で床を付けます
砂を敷いてプレート(地面を締め固める機械)で転圧して、丁寧に床を付けます
不陸や凸凹は厳禁です
20060126100511.jpg
これで完成です
 
 次は、もう敷きレンガを並べて行きます
20060126115617.jpg
普通は、基準となる方から並べますが・・
今回は、材料置き場の加減で・・・手前から並べました
並べるときは、も一気に並べます
切断加工の場所は、後回しにします・・・
二人で作業する時は、運搬役の人が間に合わない位の勢いで並べます
「はよ、持ってコーーーーーイ!!!」みたいな勢いです

 並べ終わったら、切断加工に移ります
これが、一番時間が掛かり、一番目立つ結果になる作業です
切断時には、集塵機付きのサンダーを使いますが・・・
どうしても、ホコリだらけになります
しかし、出来栄えはナカナカのものです(自画自賛・・・)
ホコリ高きかなこの作業・・・
20060127153837.jpg
専用カッターで加工する場合もありますが
今回は、サンダーで加工です
印を付けて、サンダーで加工して・・・・
地味な作業の繰り返しですが・・・
じっくり、手際良くやらないと・・・・飽きてしまいます

 でもって、切断が終って並べ終わるとこんな感じです
20060127153805.jpg
・・・少し写りが悪い気が・・・
(まあ、そこは携帯の写真なんでご勘弁・・・)
別の角度から・・・
20060127153823.jpg
で、珪砂を入れたら完成です・・・・
まあ、若干ダメが残っていますが、それは明日・・・・

今日は少し、“苦悩職人”が語ってしまいましょう

 切断加工なんですが・・・
無理をして、サンダーの刃を入れると確実にレンガが欠けてしまいます
それに、モーターに負荷が掛かって、サンダーの故障の原因になります
それには、切断時の音とサンダーの触感を大事にします
クドイ様ですが・・・無理に刃を進めては行けません
あくまで、優しくソフトに行くのです

 印も確実に丁寧に付けます
切断加工なんて・・・適当で・・・なんて思っていると・・・
なんせ、一番目立つ所に切断加工はあるのです
入り隅・アール・見切りの際・端部・・・・・ほらほら、目立つでしょ

 付いた、印のどちらを切るかも重要です
印が消える様に切るのと、残るように切るのでは大分違うのです

 でっもって、切り損なったな・・・と思ったら
やり直す・・・ゴマカセそうでも“やり直す”
そうすると次回現場に来た時にも気にしなくて済む・・・
それだけで随分違うじゃないですか・・・
気持ちが・・・・

 と、ノタマッテいる私ですが・・・
やはり、足の向かない“過去現場”もある訳でして・・・
お客様には悪いのですが・・・
それは日々成長していく為の“肥やし”だと勝手に解釈して
“職人”は苦悩しつつ日々前進して行くのです・・・

珪砂・・・2袋



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。